ツボ押しは昔からあるマッサージ法

ツボ押しは、古代中国の昔からあるマッサージ法の一種です。東洋医学のうちの中医学や漢方医学において洗練されてきた技術であり、現代においても肩こりや腰痛を治療するために積極的に行われています。ツボとは、正式には経穴とも呼ばれるものです。東洋医学の考えでは、ツボと内蔵は連絡経路によって結ばれているとされています。この連絡経路の途中にあるのがツボであるというわけです。ツボ押しをすることで、肩こりや腰痛だけでなく、内臓の病気も改善することができます。

マッサージを受ける目的は、通常であれば肩こりなどを治すためですが、東洋医学の治療を積極的に受ける場合は、胃腸の調子を整えることもできます。ツボ押しをする体の部位で中心となるのは、手や足裏です。手や足裏には体の内蔵に作用するツボが集中しています。ツボの位置をしっかりと把握しているマッサージ師の施術を受ければ、体調を整えるために役立ちます。

マッサージは最近になって広まったものではありません。昔は按摩とも呼ばれ、今日に至るまで受け継がれてきた伝統です。日本では漢方医学として発展したもので、多くのマッサージ師を排出してきました。漢方というと中国独自のものと思われがちですが、これは日本独自の文化です。基礎となる知識については中国から学んでいますが、その後は日本で独自の発展を続けているのが漢方医学です。ツボ押しや鍼灸などの施術が日本でも昔から行われていて、西洋医学とは別の発展をしてきました。

西洋医学に頼ることは必要ですが、大変に長い歴史がある東洋医学の知恵を利用することも有効です。先人たちが苦労をして研究を重ねた結果、無数のツボを発見することができました。ツボの位置や刺激したときの効果がわかるからこそ、マッサージでも活かされるのです。マッサージをしてツボを刺激するときには、薬を使うわけではありませんから、副作用の心配もありません。体への負担が少なくて、アロマ効果も高いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*